High Grove, Inc.   

Press Release of the Battery Desulfator


■シルバー産業新聞
電動3・4輪用バッテリー強化装置-交換コスト大幅低減
silversangyo_news_2007.09.10.pdf

■Eco Goods Magazine(エコグッズマガジン) 7月号 2007
■ナノパルサーPG-12S/微弱特殊パルス電流で寿命アップ

使用方法:バッテリーの各ターミナルに本製品の配線を接続。
微弱特殊パルス電流でサルフェーションを微粒子分解させ、電極板の反応面積を戻しバッテリー容量が回復。結果オルタネーターの負荷が軽減。電流がスムースになり各種電装品パーツの動作も安定する。


■Car Goods Magazine(カーグッズマガジン) 6月号 2006 (株)三栄書房
■ナノパルサーPG-12S
微弱特殊パルス電流でサルフェーションを分解

微弱特殊パルス電流で、サルフェーションを微粒子分解するという。電極板の反応面積が戻り、バッテリー容量が回復。結果オルタネーターの負荷が軽減。また電流がスムースに流れ、各種電装パーツの動作も安定するそうだ。


■Car Goods Magazine(カーグッズマガジン) 6月号 2005 (株)三栄書房
■春洗車決定版

バッテリーの寿命が格段に延長!
特殊電流による擬似コロナ現象により、鉛電極に付くサルフェーションを除去。電解液を新品時の比重に戻し、新品同等の機能に回復させるバッテリー寿命延長器。エンジン始動時の燃料ロスや安定した点火を達成。


■Car Goods Press (カーグッズプレス) プロの神ワザ最新アイテム200総点検 12月号 2004 徳間書店
■愛車リフレッシュ大作戦「点火系」
着火の大きさによって、パワーの度合いは当然変わってくるので、レスポンスや加速感に直結する部分。

1秒間に100万回のパルス(マイナス電流)を発生させて電流をスムースに流し、サルフェーションを除去。バッテリーの寿命が延びる。


■クルマのサプリメント CARTOP MOOK 2004.10.1発行 発売/(株)交通タイムス社 編集・発行/(株)イリオス
■クルマのサプリ厳選カタログ 電気系アイテム編

電気系を強化するということは、ヘッドライトやオーディオなど、電装品本来の力を発揮する。ということは、点火力を強めるので、燃焼効率も上がるわけだ。と、こちらもチェックしたいジャンルだゾ!

特殊電流による「擬似コロナ放電現象」で、サルフェーションを除去。バッテリー電極板本来の充電面積を確保し、購入時のポテンシャルに近づけるとともに、バッテリー寿命をアップ。


■Car Goods Magazine(カーグッズマガジン) 11月号 2004 (株)三栄書房
■バッテリー再生
硫酸鉛が結晶化して不活性になるサルフェーションは、バッテリー劣化の原因の70-80%とされている。画期的な方法でサルフェーションを微粒子分解し、再付着を防止するバッテリー寿命延長装置だ。

擬似コロナ放電を連続的に起こし、サルフェーションを表面から少しずつ微粒子分解し、鉛・二酸化鉛・硫酸・そして水として電解液中に戻すことで、電極板を新品同等の状態を維持し、電気の流れを格段にアップ。


■Car Goods Magazine 6月号 2004 総力特集、旬デビュー (株)三栄書房
■使用方法:バッテリーのプラス、マイナスの各端子に本製品のケーブルを接続させるだけ。

特殊電流による擬似コロナ放電現象でサルフェーションを除去。電解液を新品時の比重に戻し新品同等の機能に回復させるバッテリー寿命延長器。


■SERI まんすりー2月号 明日の地域と企業の情報誌 February No480 (Monthly 2004)

■バッテリー劣化原因の約80%がサルフェーションの付着

各種車両、船舶に1つは搭載されている鉛バッテリー。鉛バッテリーの電極板は10年の耐久性があります。しかし、現実には2〜4年程で交換されております。これは、電極板にサルフェーション(硫酸鉛の結晶)という電気を通さない物質が付着してしまうのが主な原因です。

バッテリー寿命延長器の特徴
  • 鉛バッテリーに装着し、8,000〜12,000Hzのパルス信号を電極板に流すことによって、サルフェーションを微粒子分解します。
  • 電極板、電解液ともに、ほぼ新品同様の状態に回復させます。
  • サルフェーションの再付着を防止し、新品同等のコンディションを維持することで、鉛バッテリーが持つ本来の寿命まで使用可能となります。
●対応バッテリー
オートバイから電気フォークリフト用バッテリー、ゴルフカート、セニアカー、電気搬送車など、すべての鉛バッテリー(12V以上)に対応。不法投棄を減らすエコロジー商品。



■Car Goods Magazine 8月号 2003年特別増大号 (株)三栄書房

一般のクルマに使用されている鉛バッテリーの交換時期は、だいたい
3年が目安と言われている。というのも、充電・放電の繰り返しによって、電極板の表面に硫酸鉛が少しずつ付着していくからだ。そのように結晶化(サルフェ-ション)した硫酸鉛は、電気を通さない物質であるため、その量が増えるにつれ、充電・放電がスムーズに行われなくなり、やがてバッテリーは使い物にならなくなってしまうというわけだ。

もし、電極板に付着する硫酸鉛を取り除き、常に充電・放電がスムーズに行われる状態にしておけば、バッテリーの寿命を格段に延ばしてやることができるという。なぜなら、バッテリーの電極板自体は、通常は約10年もつように設計されているのだ。

このバッテリー再生・延命装置は、電極板に付着した硫酸鉛の先端から高周波を起こし、硫酸鉛を少しずつ電極表面から微粒子分解していくというもの。そして、その
ほぼ100%を電解液中に戻してくれるのだ。その効果によって、バッテリーを新品同等の状態に復活させてやることができ、大幅に寿命もアップするという。バッテリーが弱りかけてきたという人は、交換する前に試してみてはいかがかな。


■カミオン (トラックマガジン6月号)2003年 (株)芸文社

■バッテリーを延長・再生させる装置


多くの電飾が輝いているアートトラックだが、これらのマーカーや蛍光灯により、バッテリーにかなりの負担がかかっている。そのため、短期間でバッテリー交換をしなければならないのが実状だ。そこで、その手間や費用を削減すべく、バッテリーを再生・延命させる鉛バッテリー再生・延命装置が発売された。

鉛バッテリーは、長時間にわたる充電・放電の繰り返しによって電極板に白色状の硫酸鉛(サルフェ-ション)が結晶化して付着していく。これは電気を通さない物質のため、徐々にバッテリーの容量が低下して性能がダウンする。バッテリーの寿命は5年とされているが、この装置を装着することで電極板に付着した
硫酸鉛を除去し、再付着しないように予防もする。そのため、バッテリーの寿命がこれまでより格段に延長可能にするのだ。サイズは手のひらに乗るコンパクトなもので、装着場所を選ばないこともうれしい設定だ。

※ 各記事は、各メディア様のご判断により紙面に情報掲載されたもので広告ではありません。



バッテリー再生延命器-ナノパルサーTOP > プレスリリース


High Grove, Inc.
Copyright (C) High Grove, Inc. All Rights Reserved.