High Grove, Inc.  

Prologue of the Battery Desulfator




■何故、鉛バッテリーは消耗品?


Good morning !
Battery Desulfator - バッテリー・ディサルフェーター
The Battery Conditioner
by Pulse Technology
あらゆる分野で使用されている鉛バッテリー。世間の常識として鉛バッテリーは消耗品です。誰もが疑う余地もありません。

世間では、今もなお2〜3年毎のバッテリー交換が推奨されています。確かに使い方によっては1〜2年程度でダメになる場合もあるでしょう。

鉛バッテリーは長い歴史を持つものの、いつまでたっても消耗品。

これは何故でしょうか?


さて、自動車を例にとりますと各パーツの寿命は飛躍的に延びています。

  • 白金プラグは長寿命。
  • ラジエーターに穴が開くことは滅多にありません。
  • ファンベルトは、そう簡単には切れません。
  • ボディ塗装は十分な耐久性があります。
  • 定期的にオイル管理を行えば、走行距離10万キロ超のエンジンでも現役です。
  • クルマの取扱説明書では、エンジンオイルは1万キロ前後で交換と書かれています。

先端技術の結晶でもある現代の各パーツは高い耐久性を備えています。しかし、バッテリーは今もなお消耗品扱いです。

実は鉛バッテリーが早期にダメ(使用不可)になるのは大きな原因があるのです。鉛バッテリーの宿命と言ってもいいでしょう。それはいったい。

多くの人は、この答えを知りません。何故なら、事実を知らされていないからです。


今すぐクリック!- 鉛バッテリーのサルフェーション問題






バッテリー再生延命器-ナノパルサーTOP > プロローグ

High Grove, Inc.
Copyright (C) High Grove, Inc. All Rights Reserved.