バッテリーが31日以内に復活して延命できる-バッテリー再生延命器ナノパルサーTOP  How to install the battery desulfator

Go Back ナノパルサー&充電器ラインアップ、価格





■インストール方法

■用意する物: スパナ&ウエス ■取付時間: 5〜10分 ■取付難易度: ★☆☆☆☆
必ずエンジンをOFFにしてから作業して下さい。
充電器で充電中の場合、必ずバッテリーから充電器を外して下さい。
バッテリーの取り扱い時は火気厳禁です。
装置のケーブルをバッテリーへ装着時、+端子と−端子の極性に注意してください。


■Type1 - ターミナルを外さないで装着


各種車両はマイナスアースとなっています。
金属製工具を車体金属部分へ接触させないように十分ご注意ください。

マイナス(-)ターミナルのナットを緩めます。 装置のマイナス(-)ケーブル端子
(U型端子)をマイナス(-)ターミナルへ
差し込んで、ナットを締めます。
マイナスターミナルのナットを緩める。 装置のマイナス端子(U型端子)をマイナスターミナルへ差し込み、ナットを締める。

プラス(+)ターミナルのナットを緩めます。 装置のプラス(+)ケーブル端子
(U型端子)をプラス(+)ターミナルへ
差し込んでナットを締めます。
プラスターミナルのナットを緩める。 装置のプラスケーブル端子(U型端子)をプラスターミナルへ差し込み、ナットを締める。

Finish
水を含ませたウエスでバッテリー本体の
汚れを落とします。
次に、ナノパルサー本体を同梱の両面
マジックテープで確実に装着します。
最後にナノパルサーの(+),(-)ケーブルが
正しくバッテリーターミナルへ接続されて
いることを確認して完了。
インストール完了 ナノパルサーをバッテリー側面へインストール。

※装置はエンジンやエキマニ、ファンベルト、回転部分から離れた場所に確実に設置
して下さい。(水平、垂直、斜面に装着されても問題ありません。)
※ターミナルへグリスアップすることで酸化を防ぐことができます。






■Type2 - ターミナルを外して装着


バッテリーのターミナルを外すと、各種電装品のメモリーデーターの消失
並びに電装品に不具合が発生する場合があります。詳しくは、Click Here

マイナス(-)ターミナルのナットを緩めて
外します。(引き抜いて下さい。)
プラス(+)ターミナルのナットを緩めます。
マイナスターミナルのナットを緩めて外す。(引き抜く) プラスターミナルのナットを緩める

装置のプラス(+)ケーブル端子(U型端子)
プラス(+)ターミナルへ差し込んで、ナット
を締めます。
マイナス(-)ターミナルをセットします。
マイナスケーブル端子(U型端子)を、
マイナスターミナルへ差し込んでナットを
締めます。 
装置のプラスケーブル端子(U型端子)をプラスターミナルへ差し込み、ナットを締める。 マイナスターミナルをセット。マイナスケーブル端子(U型端子)を、マイナスターミナルへ差し込んでナットを締める。

Finish
水を含ませたウエスでバッテリー本体の
汚れを落とします。次にナノパルサー
本体を同梱の両面マジックテープで確実に
装着します。
最後にナノパルサーの(+),(-)ケーブルが
正しくバッテリーターミナルへ接続されて
いることを確認して完了。
インストール完了 ナノパルサーを、バッテリー側面へインストール。

※装置は、エンジンやエキマニ、ファンベルト、回転部分から離れた場所に両面テープで
確実に設置して下さい。(水平、垂直、斜面に装着されても問題ありません。)
※ターミナルへグリスアップすることで酸化を防ぐことができます。




バッテリーのマイナス端子を外す前の注意点

※バッテリーのマイナス端子を外すと、オーディオやカーナビ、カーコンピューター、時計等の各種電装品のメモリーデーターが消失します。また高年式国産車や輸入外車の場合、バッテリーのマイナス端子を外すと電装品がリセットされてディーラーでの再設定作業が必要となる場合があります。

※車体安定化装置搭載車のバッテリー端子を外すと、メーターパネルのウォーニングランプが点灯状態になる場合があります。

■ECU(エンジンコントロールユニット)の学習機能

車両にはECU(エンジン・コントロール・ユニット)が搭載されています。バックアップをしないでバッテリーのマイナス端子を外した場合、エンジンコントロールデーターがリセットされる場合があります。マイナス端子を装着後、まれにアイドリングがしばらく安定しない場合、10-20分程アイドリングを行ってください。これにより、学習機能が働き適正状態に回復していきます。

■一部の車両について
・HONDA・・・パワーウィンドウのオート機能付一部車両
バッテリーのマイナス端子を外した場合、オート機能がキャンセルされます。この場合、エンジンを始動しドアガラスを一番下まで下げてから、スイッチを引き上げ続け、ウィンドウが閉まった状態で約1秒間スイッチを保持すると機能が回復します。
・MITSUBISHI・・・マルチコミュニケーション(MMCS)付車両
燃料消費を計算し、残燃料での航続可能距離を表示する機能があります。マイナス端子を外した場合、この表示がリセットされます。回復方法については、カーディーラー様にご相談下さい。
・TOYOTA・・・アイドルストップシステム車両
ヴィッツ等アイドルストップシステム付の車両では、マイナス端子を外した場合、クラッチ初期学習が必要になります。詳しくは、カーディーラーにご相談下さい。
・Mercedes Benz, BMW, Audi, Jaguar等の輸入外車
バッテリーのマイナス(-)ターミナルを外すと、各電装品がリセットされて再設定が必要となる場合があります。
ページTopへ



バッテリー再生延命器-ナノパルサーTOP > ナノパルサー&充電器ラインアップ、価格 > ナノパルサー装着方法1

バッテリーが31日以内に復活して延命できる-バッテリー再生延命器ナノパルサーTOP
Copyright (C) High Grove, Inc. All Rights Reserved.