バッテリーが31日以内に復活して延命できる-バッテリー再生延命器ナノパルサーTOP  DRY Battery


■ドライバッテリー

ドライバッテリー/DRY battery「ドライバッテリー」とは?
特殊構造を持つ鉛バッテリーです。

ドライバッテリーと呼ばれるのは、電解液が満たされた湿式バッテリーに対して対比的に表現されているのでしょう。しかしながら、実際ドライバッテリー内部にはもちろん少量の希硫酸が入っています

※特殊マットに希硫酸を染み込ませて、電極板とドッキングさせて密着密封してあります。

オプティマバッテリーの場合、電極板と特殊マットを丸めて格納してあります。あたかもバームクーヘンに類似したような構造です。



■ドライバッテリーのメリット

電極板と電解液の接触面積が広く、電気の流れがスムース
内部抵抗が小さい
パワフル(瞬発力が高い)
振動に強い
メンテナンスフリー
軽量&コンパクト(※オデッセイバッテリー等)
横置き設置もOK
電動車椅子で飛行機へ搭乗する場合、ドライバッテリーならOK

Ex : ドライバッテリー
OPTIMA(オプティマ・レッドトップ、イエロートップ、ブルートップ)、ODYSSEY(オデッセイ)、RED TOP(レッドトップ)、HYPER ENERGY(ハイパーエナジー)、POMEC(ポメック)



ドライバッテリーは一般的な湿式鉛バッテリーと構造は違うものの、充電・放電の化学変化はまったく同一です。同じ、「鉛」と「希硫酸」の組み合わせから作られています。

ドライバッテリーは構造上の理由から、物理的な耐久性が高く補償走行距離も長い傾向があります。しかし、実際には2〜3年程度で交換されているケースもあります。この原因として、
  1. 結晶化した「サルフェーション」ハイパワーオーディオ、AVシステム、オプションアクセサリー搭載車
  2. バッテリーの放置期間が長い
充電不足、放電過多が考えられます。

また、電動車椅子等にドライバッテリー(EBタイプ)を搭載しても深放電の繰り返しです。いくらドライタイプの高性能バッテリーでも、サルフェーションの影響を受けてしまいます。




Go Back サルフェーション

バッテリー再生延命器-ナノパルサーTOP > サルフェーション問題 > ドライバッテリー

バッテリーが31日以内に復活して延命できる-バッテリー再生延命器ナノパルサーTOP
Copyright (C) High Grove, Inc. All Rights Reserved.